小沢がソウル大で講演。「韓国人が日本に渡り天皇になった」「日本人は自立心が足りない」


YouTube – 小沢一郎、韓国で売国公演

・日韓において不幸な時代があった。日本国民として謝罪しなければいけない歴史的事実である。
・韓国人が日本に移り住み、初代天皇になった。
・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである。と著名な先生が唱えている。
・これ以上言うと日本に帰れなくなるが(笑)歴史的事実であろう。
・天皇陛下も「桓武天皇の生母は百済の王女だった」と認めている。
・日本人は自立心が足りない国民だ

宇宙の起源は韓国というぐらいだからそうかもしれないね
それにしてもこれ全然報道されてないよな
天皇問題も十分異常だがこれも相当異様
知:【売国】小沢がソウル大で講演。「韓国人が日本に渡り天皇になった」「日本人は自立心が足りないだ」

「小沢がソウル大で講演。「韓国人が日本に渡り天皇になった」「日本人は自立心が足りない」」への19件のフィードバック

  1. >>3
    違う。小沢は筋の通った歴史観なんて持ち合わせてない
    韓国人が喜びそうな言葉を並べただけ
    そういう意味では正真正銘の売国奴

  2. これ、なんで報道しないの?
    さすがに遺憾の意どころの騒ぎじゃないでしょう。
    日本のマスコミもっとがんばれよー!

  3. ※2
    なに言ってんだ、小沢には日本人の血など一滴も流れちゃいないよ
    父親は朝鮮人、母親は韓国人
    生粋の朝鮮半島人だ

  4. 朝鮮南部には現在の朝鮮民族のルーツ
    北方民族(遊牧、騎馬民族ともいわれる)系
    =ツングース系の檀君系朝鮮民族が
    長白山を南下して朝鮮半島に侵入し、
    定住する前から縄文人が先住してた事はわかってる
    しかも朝鮮南部には彼ら檀君系とは別種で
    日本先住民族と近い人種の朝鮮先住民族の子孫が追われて多く定住してた
    南部は倭の影響下にあり倭に朝貢もしてたし
    朝鮮に侵略され併呑され消滅した
    耽羅国(済州島)には日本の倭人とほぼ同種の
    中国沿海部の越族系の弥生人と同種の民族の国があった
    彼らも済州島民も朝鮮南部の定住民族も
    中国では日本人同様倭人と呼ばれることもあったし
    朝鮮の王朝の記録でも朝鮮南部には
    日本人(倭人)と似た人種が住んでると記録もある
    朝鮮発の統一王朝、新羅には倭人と思われる大臣や
    倭人と思われる第二王朝が数代続き
    第三王朝はその倭人の娘を后に向かえ新羅滅亡まで続いた
    檀君神話、チャンスン、ソッテ、アリラン(という言葉)
    シャーマニズム(ムーダンの原型)、タル(仮面劇)
    等々の原型が北方ツングース系民族のエベンキ族と共通
    他満州族や蒙古人ともいろいろな文化が共通してる
    朝鮮の鎧や弓、騎馬術、弓、騎射術、胡服(韓服)
    女性の帽子や装飾品、布生地の色使い、踊り
    食文化他酷似し共通してる
    一部は日本にも伝播したが一般的じゃなかった
    なぜなら昔は弥生人=朝鮮からの渡来人と考えられてたけど
    現在では弥生人=中国越人とわかり
    尚且つ日本人の遺伝子遺伝子解析で
    朝鮮半島からの民族の移動は
    北海道や沖縄経由と比べたらごくごく小数とわかってる

  5. 小沢の両親も朝鮮人説があるから
    小沢の両親の墓とか親戚の墓とかあばいたり
    遺伝子解析とかしてください。

  6. 騎馬民族が征服してたら
    日本の弓も朝鮮、満州族、蒙古同様短弓でしょう
    何故日本だけ日本独自、独創の和弓(大弓、長弓)なんでしょうか
    騎馬での騎射なら短弓の方がいいのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です